インテリアについてのオトク情報を紹介

インテリアにこだわるあなたに

家具の中でも絶対に欠かせないのがベッドです。ここではそんなベッドの中でも大きいサイズのクイーンベッドについての特徴やメリットを紹介しています。他にもインテリア好きな人は必見の記事も公開しています。

インテリア関係オトク情報

シャンデリア

シャンデリアの特徴

吊るして使う照明器具であるシャンデリアは近年、インテリアとして人気を高めつつあります。そんなシャンデリアの特徴や選び方を紹介しています。気になる方は要チェックです。

READ MORE
カーテン

遮光カーテン基礎知識

デザインだけではなく機能性も兼ね備えた遮光カーテンについての特徴を分かりやすく解説しています。また、みんなに人気なカーテンの色をランキング形式で発表しています。

READ MORE

クイーンベッドを買っての口コミ

家族で仲良く寝ています

夫と5歳になる息子の三人で暮らしています。今までは布団を2枚敷いて寝ていましたが、一ヶ月前にボーナスが入ったので、憧れていたクイーンベッドを買いました。やはりベッドは寝ていて気持ちよくクイーンベッドは大きいので息子も入れた親子三人で仲良く寝ることができています。

高級感ならクイーンベッド

妻と二人で住み始めたマンションがモダンな感じなので、それに合うようなベッドを選ぼうとクイーンベッドを買いました。クイーンベッドのデザインは高級感あふれるものが多くあったので楽しく選ぶことができました。結果、部屋の雰囲気が素晴らしくなったので買ってよかったと思っています。

クイーンベッドの特徴

女性

眠り心地最高のクイーンベッド

クイーンベッドの特徴といえばその大きさです。ベッドの大きさの種類は一般的に6つあり、クイーンベッドはその中でも三番目に大きいサイズのベッドになります。シングルベッドの基準が横幅100cmであるのに対し、クイーンベッドはなんと横幅170cmと1.5倍以上の大きさを誇ります。そのためどんなに寝返りをうっても大の字で寝ても落ちる心配もなく快適に寝ることができます。またカップルや小さい子がいる家族にも最適なベッドです。

部屋の雰囲気がガラリと変わる

クイーンベッドはその大きさから部屋の雰囲気をガラリと変えます。まるでホテルか宮殿のような豪華な雰囲気を醸し出します。また、クイーンベッドを使うともちろんマットレスや布団も大きくなりるため、存在感はより一層際立ちます。部屋で過ごす時間や寝る前にベッドに寝転がりながら考える時間を最高のものにしてくれるでしょう。

気をつけること

クイーンベッドを購入する際に気をつける点は主に2つあります。それは部屋の広さと搬入口についてです。クイーンベッドは最低でも8畳ほどの部屋の広さが必要だといわれています。もし部屋の中にベッドだけではなく、家具やテレビなども配置したい場合はさらに広い部屋が必要になります。また、クイーンベッドはとても大きいため、家の玄関や部屋の扉から入れられるかどうかを考えなければなりません。もし買ってもベッドが入らないと無駄な出費になってしまいます。クイーンベッドはあなたのライフスタイルを一回り快適なものにしてくれますが、購入する前は上記2つの点はしっかり考えておくようにしましょう。

広告募集中